おすすめのウィンタースポーツ~スノーシューのススメ~

雪の上を歩く新感覚スポーツ

スノーシューとは?~かんじきとの違い~

そもそもスノーシューとはどんなものなのでしょう?
スポーツの内容としては、スノーシューを履いて雪山を歩き回ることです。
スノーシューとはいわば、西洋版のかんじきといったところ。
そもそも日本かんじきとは農業等のために作られ、雪道を歩くために靴の下につけて歩行を助ける道具です。

かんじきはかかと部分だけが固定されているため、山を登ったり降りたりといった動きの自由度が高く、古くは狩猟のためにもつかわれていました。
しかし少しがに股気味に歩くことになり、歩き回るのにはあまり向きません。
それに対しスノーシューはつま先のみが固定されており、かかとが自由な分歩行に向いているといえます。

両者の最大の違いは浮力の大きさです。
スノーシューの浮力はかんじきと比べても抜群に高く、もちろん普通のスノーブーツのように沈み込んでしまうことがありません。
すなわち、雪の上をすいすいと軽快に歩くことができます。

スノーシューに必要なもの

では、そんなスノーシューに必要な道具とはどんなものかというと、普段から
山登りをする方はその装備にニット帽、セーターなどの防寒対策を追加すればOK。

さて、肝心のスノーシューは大きく分けると2種類あります。
登り坂もスムーズに登れる「雪山登山モデル」と平坦な場所をたくさん歩くのに適した「散策モデル」です。
雪の積もった登り坂を登るために、「雪山登山モデル」には「散策モデル」と比べて地面につける面に爪が多くつけられているなど、比較的構造がしっかりとしているといえます。

主流なのはオールマイティーに使える「雪山登山モデル」ですので、初めて購入・レンタルするのであればこちらで問題ありません。
自分の体重と装備の重さや、初心者であれば使い勝手の良さも考えて自分にあったものを選ぶことが大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る